タミフルという言葉を聞くだけで悲惨な事故を思い出してしまうほど、その印象は強かったと思います。だいぶ月日が流れ現在タミフルはどのように扱われているのでしょうか??当サイトではタミフルについて調べてまとめてあります。

異常行動の男性

インフルエンザにタミフル、予防には対策グッズや加湿

インフルエンザは、例年、初冬から初春にかけて流行するウイルス性の感染症です。一般的な風邪とは異なり、急激に発症し、症状が比較的重くなる、と言う特徴があります。高熱や咳・鼻水などの他に、関節痛や頭痛など、全身症状が表れます。特に幼児や高齢者は、肺炎やインフルエンザ脳症など重症化しやすいため、注意が必要です。インフルエンザの治療薬には、タミフルやリレンザがあります。タミフルやリレンザは、ウイルスの増殖を抑える働きをします。しかし、発症から48時間以内に服用しないと、あまり効果が見られません。また、必ず処方された日数分、飲みきるようにします。そしてウイルスは、湿気に弱いため、患者がいる部屋では加湿器を使用して、湿度を適切に保つことも有効です。インフルエンザは、流行前に予防接種を受けることにより、重症化を防ぐことが出来ます。そして、タミフルを予防薬として飲むことも有効です。インフルエンザウイルスは、感染力がとても強いため、一旦流行が始まると、多くの人に次から次へと感染していき、短期間であっと言う間に広がってしまいます。そのため、患者は、完全に治癒するまで他者との接触を避けることや、まだ感染していない場合には、帰宅時に手洗いうがいを欠かさずしたり、換気をする、規則正しい生活をするなどの他に、インフルエンザ対策グッズを使って、効率的に予防をすると良いです。室内で有効なグッズとしては、置き型の除菌剤や、アルコール消毒薬・うがい薬や加湿器・空気清浄器などが挙げられます。一方、屋外で有効なグッズには、マスクや携帯消毒薬・カード型除菌剤などがあります。また、オフィスの机でも使える、小型の加湿器も便利です。