タミフルという言葉を聞くだけで悲惨な事故を思い出してしまうほど、その印象は強かったと思います。だいぶ月日が流れ現在タミフルはどのように扱われているのでしょうか??当サイトではタミフルについて調べてまとめてあります。

異常行動の男性

インフルエンザとエボラ感染熱に効くタミフルの使い方

昨年末から今年の年始にかけて非常にエボラ感染熱が流行しました。エボラ感染熱はアフリカを拠点としてヨーロッパやアメリカなど世界中に感染が拡大しました。エボラ感染熱に感染するとインフルエンザ同様高熱に見舞われ、最終的には血液を嘔吐しながら死に至るという非常に怖い感染症でした。特効薬が開発されておらず、インフルエンザと症状が似ていることからタミフルやリレンザと言う薬が日本からも沢山輸出され治療に用いられました。タミフルやリレンザが思いのほかエボラ出血熱抑制に功を奏し、世界的な大感染に至らずに済みました。タミフルやリレンザはウイルスの増殖抑制に非常に効果を発揮する薬です。そのため日本では冬になるとタミフルやリレンザの消費量が爆発的に増えます。今後も冬などにインフルエンザと同時にエボラ出血熱のような感染症が大流行する恐れもあるために、薬の生産量をうまく調整する必要があると言えます。インフルエンザの治療用として用いた場合には、肺でのウイルスの増殖を非常にスピーディーに抑制してくれます。肺でのウイルスの増殖が抑制されることで、インフルエンザ特有の高熱や下痢と言った症状が緩和するようになります。しかし人がインフルエンザに感染したと自覚するのは非常に難しく、風邪と勘違いする人も少なくありません。見極めのポイントは40度の高熱が出ていないか、下痢や嘔吐が激しく複数回に及ばないか、全身の関節に痛みを覚えないかと言ったことがポイントになります。このように明らかに風邪とは違う症状だと感じた場合には即座に医療機関を訪れてタミフルやリレンザと言った治療薬を処方してもらうことが大事です。タミフルとリレンザは微妙に使い方が異なります。タミフルは一般の風邪薬同様、使い方は水で内服します。一方リレンザの使い方は内服ではなく、薬を専用の機械で吸引し肺に粉末薬を拡散させウイルスの増殖を食い止めます。