タミフルによる異常行動について

タミフルという言葉を聞くだけで悲惨な事故を思い出してしまうほど、その印象は強かったと思います。だいぶ月日が流れ現在タミフルはどのように扱われているのでしょうか??当サイトではタミフルについて調べてまとめてあります。

異常行動の男性

タミフルの現在の状況

タミフルは2001年に発売されてから画期的な抗インフルエンザウイルス薬として、世界的に有名になった経緯を持ちます。それまでは解熱剤の処方など、対処療法しかなかったインフルエンザですが、ウイルスの増殖を阻害して、発症期間を短期に縮める効果によって多くの医師が処方することとなります。しかし2005年にはタミフルを投与した子どもが異常行動を起こすという問題が起こり、以降も普通では考えられない行動を起こす報告例が後を絶たず、原因は不明ながらも子どもに多く見られる副作用であることから、10代の子どもへの処方は控えるようになっています。それでもタミフルの有用性は高く、他の抗インフルエンザウイルス薬よりも効果があるとされ、10代であっても重症の患者である場合には、保護者が経過観察することを条件にして、医師の判断によって処方されることもあります。タミフルは小児にも効果が高いとされ、飲みやすいように甘さを加えたタミフルドライシロップが開発され、現在の小児の治療薬にはこのシロップが処方されています。タミフルの世界消費量は日本だけで7割以上とされ、使用量が非常に多い反面、耐性菌ができる問題が懸念されています。早い頃には2007年にAソ連型タミフル耐性ウイルスが発見され、これを皮切りに耐性を持ったウイルスが幾つか発見されています。行政はパンデミックの被害予測から備蓄薬としていますが、これから先に耐性菌が増えた場合には使用できるのか問題となります。現在は異常行動の副作用による問題のため他の治療薬を使うなどして、医師達が制限をかけていますが、今後のパンデミックによってはタミフルが効かないといった問題に陥ることもあるため、さらに制限がかかり下火になっていく可能性があります。

タミフルによる死亡事故のその後

タミフルによる死亡事故の特徴としては睡眠中の突然死や異常行動による死亡などで、これらの事例はタミフルを服用した後に精神神経症状が起きたことで呼吸抑制および異常行動、幻覚などが起きたとされるもので、タミフル使用後の死亡例は合計すると10人になっています。また関連が否定出来ない事例も数多くあるので死亡事故のその後は抗インフルエンザ薬を他のものと切り替えるなどの処置がとられていて、リレンザ などの吸入器を用いた薬が投与されることが多くなっています。現在では被害者の会などが設立されていて責任の所在を追求しています。内服するタイプの薬は肝臓などを経由して血液に吸収されて全身に作用を及ぼすのですが、未成年の場合には脳が未発達のために副作用が出やすくなっていて、そのために幻覚などの副作用が出たと考えられています。最近では吸入タイプの薬が処方されるようになっていて、吸入するとインフルエンザが感染している部分に直接薬剤が投与できるので副作用の心配が少なく、短い時間でウイルスを減らすことができます。インフルエンザは基本的にはワクチンを接種して予防するとされていますが、ワクチンが効かないタイプも増えているので、学校や会社で摂取したとしても感染する可能性があります。感染した時には40度近い発熱がありますが、熱が出たら次に日に医療機関を受診して抗インフルエンザ薬の投与を受けると数日で完治することができます。吸入タイプの抗インフルエンザ薬を使うのが難しい場合には内服薬が処方されますが、小児や高齢者の場合にはタミフル以外の抗インフルエンザ薬が処方されることが多くなっています。タミフルによる幻覚などの症状は現在でも仕組みが解明されていないので成長期の子供には投与が控えられています。

タミフルの異常行動は真実なのか

タミフルはインフルエンザ治療における画期的な新薬として、市場に出たときから高い注目を浴びてきました。インフルエンザは古くからある病気であるものの、その治療に際して有効性の高いものがない状態が長らく続いてきました。タミフルに先んじて登場した同種の治療薬もありましたが、吸入薬であるため日本人にはなじまず、あまり注目を浴びませんでした。そのため、経口薬として登場したタミフルが高い注目を浴びることになったのです。しかし、世の中で使用されるようになると、臨床試験では見つからなかったような副作用がよく見つかるものであり、その一つとして異常行動が疑問視されるようになりました。未成年のインフルエンザ患者がタミフルを服用した際に、異常行動を起こしてしまい、ひどい場合には転落死を起こしてしまうという事件が相次いだのです。これによってタミフルは異常行動を副作用として誘発するのではないかと疑問視されるようになり、類似した事件があると事細かにニュースや新聞などで取り上げられるようになりました。インターネット上で口コミにより類似した経験も報告されていくことで、そのつながりがあるのではないかということが世の中の理解になってきていました。一方で、その因果関係の研究も進められたものの、根拠となるような結果が得られず、因果関係はないとされています。タミフルと異常行動が結び付けられたことによって、愉快犯や模倣犯が登場した可能性も否定はできません。精神的な影響というのは正確に定量するのが難しいため、本当に精神的に異常が生じてしまっていたかどうかすらわからないことが多いのです。現状としては因果関係はないものとして扱われていますが、未成年の服用時には親が目を離さないようにするよう指導しているのが現状です。
■ジェネリックで安く手に入れよう
タミフルのまとめ買いは通販がお得
■辛い思いをしないために
インフルエンザ 予防